ともに手を繋いで

手を取り合えばいつかきっと大きな輪になると信じて...

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

和歌山交流会 4デッキサバイバルレポ


「その遠征勢は何処からやって来たのだろうか…」


「おお友よ 罪もなきプレイヤー達よ」
「我らはこの環境という鎖から解き放たれた」
「環境上位のデッキを使うのは拒まないが、使用率が高いのは決して許さない」
「黄昏の葬列 4デッキサバイバルへようこそ」




【持っていったデッキ】
・TP
・進撃
・ぷよぷよ
・CLANNNAD



1回戦 ○
【使用デッキ】 
TP
【対戦デッキ】
青t赤GF



相手がスピードゲームを仕掛けてくるも、こちらが0でキャンセルを連発
レベル0が少ないこのデッキでしたが収録中などでアタッカーを拾いやり過ごす
1-2でリフレッシュに入り、ストックを腐るほど溜めたところで反撃開始
1レベル帯はコスト0のアタッカーしかいないので集中後の控えストブを貼って更にストックを増やしながら
島風シナジーなどで手札を整えていく
神楽坂も上から踏まんとする勢いでもってTP凛を出しては回復し
適当に3キャンした後に適当に山削って杏を出しては回復し
控えストブ貼って、回復回復&回復そしてキャンセルキャンセル&キャンセルしてたら勝ってました



「やあ友よ 幸薄き隣人達よ」
「我らはこのネオスという鎖から解き放たれた」
「好きなデッキを使うのは咎めないが負けることは決して許されない」
「仮初の終焉 4デッキサバイバルへようこそ」




2回戦 ×
【使用デッキ】 
TP
【対戦デッキ】
まどか


急にですね、集中が引けなくなったんですよ
そしたらね、するするする~って打点が
止まらないんですよ
でね、この手札じゃ2パンしかできないよーって状況で
引いたんですよ集中
やったーって思って集中したら
山札に残ってた0と1を全部巻き込んで2ヒットしちゃいましてね?
そらもうそっからボロの引摺の助
ヴァイスの神は俺を見放した・・・・ってね?

4デッキサバイバルは何処までも続いてゆく → 使用率の穴を掻い潜って
先頭で意識の高い男が鳥で呟く → 沈むタイトルに背を向けて
4デッキサバイバルは何処までも続いてゆく → 環境上位のBANを期待して
マイクを持ったスタッフが謳う → その消えたタイトル達を慈しんで

万里花に深い傷を負った者にとって 抗えない魔性のカード…



3回戦 ○
【使用デッキ】
進撃 
【対戦デッキ】
AB

4デッキサバイバルは何処までも続いてゆく → レシピ掲載を目指して
燃えるような内に秘めた心の中の想いが踊る → 沈むCXを背に受けて
4デッキサバイバルは何処までも続いてゆく → 使えるデッキの限界を目指して
カフェの店員に跪いた豚が喚く → あの恋ダンスに心を委ねて



ここで登場
タオレイの伝家の宝刀 進撃
約2年の間使い続けた相棒
どんな環境にあっても第一線で戦い続け
コレ無い アレ無い ソレ無い 退廃と言い続けても
使ってきたこのデッキ
追加も決定し、すごく楽しみです

そして何故か地区でこのデッキを使うと当たるヤベータイトル
それがAB
何故最近の彼らの神使はコケないのか
何故歌歌を最高に丁度いいタイミングで使ってくるのか
何故急にストックが溜まり出すのか

何故?何故?何故?????????


心に深い闇を飼った者にとって 逆らえないエレン集中…
でもなんか勝ちました、イェイv


4回戦 ×
【使用デッキ】
進撃 
【対戦デッキ】
しよ子


マッチングの発表に誘われ 一人また一人席に座っていく
やがてその対戦は お昼を遮って空腹を埋め尽くす…

交流会らしいデッキに当たりました
いつの間にか配られていたPRカード達に踊らされ、引きたいカードも引けずにズブズブと
底の無い沼の中に沈んでいきました。ちゃんちゃん



5回戦 ○
【使用デッキ】
ぷよぷよ 
【対戦デッキ】
アマコン


遂に迎えた最終戦
ぷよぷよかCLANNADか
どっちを使うか迷いましたが
「+2使ってテロすればええやん!!」
WS過激派思想分派達が、僕の頭の中で世界同時革命を起こし
遂にそのベールを脱ぐときが来たのです

君のマリガンで見えた1/1 8000の赤い君
僕がマリガンで加えた1/0 3000のヤベー奴
相手のデッキタイプはわかった
だったら僕は、オカ研で先上がりして1相殺シナジー3面して、迎え撃って
ブレーキを付け忘れたスポーツカー戦法するしかないじゃん?


そんなことをしていた矢先
相手が
1回目のリフレッシュで6枚帰り
こちらは8枚帰り、2キャン乱発で対応
2回目のリフレッシュで・・・・4枚帰り!!!
その事実を知った僕は脳が震えました
何故ならこのデッキには「ソウル+2」という頭の悪いカードが入っている
あぁ、なぜ神は時にこのような残酷な仕打ちをなさるのか・・・っ!!!

そのまま打点通って勝ち
なんていうか、ヴァイスシュヴァルツ


戦績3-2
勝ち越したからええやろ…とは言いません()
精進します








おまけ
今回の交流戦 4デッキサバイバルにおけるBANタイトルリスト
1回戦 ビビスト
2回戦 キルラキル
3回戦 バンドリ
4回戦 アイマス
5回戦 ぷよぷよ


ごちうさ、ペルソナ、このすば、Reゼロがいねぇ!?!?


ハハハ・・・使えばよかった・・・・

ハハハ・・・ハハ・・・ハ・・・ハ・・・・


・・・





『たとえばキャンセルを信じた少年…
たとえば2面シナジーを謳ったの上級者…
たとえば集中ヒットを願ったポタク…
たとえばキャンセルを犠牲にされた彼…
たとえば環境に踊らされた僕…
誰も実体の無い空気感からは逃げられない…』

「ご機嫌よう、環境厨なお坊ちゃん。4デッキサバイバルへようこそ」

集団心理に囚われて 一人また一人 使うデッキを消去法で無くしていく
やがてその4デッキサバイバルは そのルールの面白さから
ユーザーの心を掴んで離さない……


La Li Li
La La LaLa La-La-La-La
La La LaLa La-La-La
La La-La La La-La La-La-La


『嗚呼…そのパレードは何処までも続いてゆく…』

La Li Li
La La LaLa La-La-La-La
La La LaLa La-La-La
La La-La La La-La La-La-La


La Li Li
La La LaLa La-La-La-La
La La LaLa La-La-La
La La-La La La-La La-La-La……


『このカードゲームは、何処へ向かってゆくのだろうか…』
スポンサーサイト

| タオレイ | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。