ともに手を繋いで

手を取り合えばいつかきっと大きな輪になると信じて...

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WGP大阪大会2014 ペルソナタイカプレポ(後半)





【大会名】
WGP大阪大会2014

【使用デッキ】
This is 最高に丁度いい処刑(HONDA感)






1回戦 魔法GS○
前回のタイカプ(※P4U)にて数々の熱い戦いを繰り広げ、名場面を生んだあのサンダーさんととの対戦!
試合展開はお互いに一進一退の攻防を繰り返し、「千枝&スズカゴンゲン」に「アイギスの見る夢」を2回撃ったりするなど
デッキコンセプトの崩壊したプレイングをかます
最終ターンはこちらが処刑を撃った後に生田目でゲームセット

生田目isチカラ




2回戦 8扉ジュネス○
ジュネスのパワーライン無理ンゴ()
のんびりゲームしようとしたら1が吹き飛ぶ事案発生()

やべぇよやべぇよ・・・とか思いながら1000/1を毎ターンはってやり過ごし、そのまま終盤に突入
こちらは相手を3-5にしてターンを渡すも店長2面で2点回復されて真顔
が、こちらは3-2でダメージが止まりそのままターンを貰う

相手の控え室にはCXが7枚、山札は3枚
「・・・そうか山札に1枚CXがあるんやな!わかったやで工藤!」と脳内で状況を処理し、2-3-2の打点を作り、2から殴る
そのまま2点が通ったので「ボトムにCXかな?」と思い3で殴ったら門めくってまさかの4()

まぁ、ボトムCXだし多少はね?
とか思ったら、ボトム荒垣()


これ3から殴ってたら試合勝ってましたやん・・・とか思ってたらリフ越し3点目でキャンセル()
「あ、これ負け申したな」と思ったらラスパンの2点が通って勝ち
不思議な試合でした





3回戦 魔法GS○
風対応のP3主人公の入ったデッキ
序盤はお互いにCXが見えまくる
相手は4枚
こちらは手札に2枚、控えに2枚、クロックに1枚
序盤から頭を抱える試合展開でした()

悩んでも仕方ないのでとりあえずCX貼って3パンしたら相手が1-4まで吹き飛ぶ
しかし相手もゲンコシナジーでこちらの集中アイギスを焼き、0-2から一気に1-3にまでダメージを通してきました。
とりあえずこちらも3パンで返し、試合は膠着状態に
こちらが3/21の状態で相手が2-3-2を作ってきてタオレイ真顔
負けたかなーと思ったらまさかの全部ピタキャン()
真顔通り越して神様に感謝しました

とりあえずエリザベスをクロアンし、ドロークロック2ドローまでした後、集中やらなんやらをし、相手を2-4にしてターンを渡す

この時点で、こちらの山札は3枚、控え室CX7枚落ち、1-5
1リフはさすがに高望みかなーと思ったら相手がクマの疑似リフを使ってくれたので、超圧縮の山が完成
相手のアタックも2キャンし、やっほほーいとか思いながら自分のターンに集中したら2ヒットして真顔
そして焦っているときに張られるCXしかもレベル3キタローシナジーのおまけつき
何とかキャンセルするも苦しい展開に
こうなったら…と言わんばかりにこちらもCXを張って反撃
相手を3-4まで追い込む
ここで相手の手札が息切れし0キャラとキタローでまさかの2パン
キタローシナジーのCXを張られ、4-2の打点を作られるも2点をキャンセル
しかし4点をキャッチし2-5から3-2になる
とりあえずエリザベスをクロアンしてクロック2ドローして処刑撃ったら
「山にCXないので・・・」と相手が投了してきたので試合終了



4回戦 シャドラビ軸GS○
1番相性の悪いデッキktkr
「千枝&スズカゴンゲン」で中盤はアドを取り、割られてもハンドアンコールで繋いで2点で殴るという僕のデッキにとって
レベル3のシャドラビのシナジーは天敵!しかも「揺れる気持ち りせ」まで見えてもう涙目
試合の流れは序盤は割って割られてを繰り返し、中盤からはこちらのキャラが返ってくる流れを作りシャドラビシナジー対策をしながら
ストック圧縮を決めていき終盤戦突入

こちらは3-2相手は3-5
こちらの生田目でレベル3りせを選択するもトップキャンされる
こっちが1/4の山の状態で、相手は3-2-2の打点を作ってアタックフェイズへ
2点をピタキャンするももう一方の2点をキャッチ
ラスパンの3点がドラ乗って4点になるMiracle発生するも普通に3点目でキャンセル
返しのターンで2-2-2を作り打点を通して試合終了
ヒヤヒヤな試合でした



5回戦 ジュネス○
もうここまで来たら勝つしかない、と
≪今この瞬間から「勝利」以外に価値はない≫とひたすら自己暗示をかけ
目を覚ますために自分の頬をめっちゃビンタしてました
正直キモかったと思うし、相手も引いてたと思う

試合の流れは、先攻後攻を決めるじゃんけんであいこを10回以上繰り返し
負ける()
相手は先行1パンをかましてくる。
何でドローゴーしてくれないのん?とか考えながらしゃーなしこちらも1パンかましてターンを渡す
しばらく小競り合いを繰り返した後、相手が集中雪子を前に出し後列が小西先輩1枚だけになる
この時点でボードアドを取り、試合の主導権を握ったと確信し、一気に攻勢に出る
そのまま押し込もうとするが、ボードアドを相手にとられこちらが急失速してしまう()
ならば、と言わんばかりに手裏剣シュヴァルツをかましストック圧縮をしながら試合を進め、終盤に突入。
こちらは3-1相手は3-5
相手は店長2面でアタックし2点回復して3-3に
が、こちらは3キャンしてターンを貰う
この時点でこちらの山札は2枚、手札には「聖夜の夜に エリザベス&マーガレット」と「自称カンフー研究会 千枝」が
どちらを登場させるか、さんざんっぱら悩んだ末に「千枝を…出すのです…」とどこからか聞こえた気がしたので千枝を出すことに
そのままアタックフェイズに入り、リフポでCXが見え3-2に()
まだまだあわわと焦りつつ相手を3-5にしてターンを渡し、生田目を使って店長を選択しゲームを終わらせようとするもピタキャンされ
目の前が真っ白になりました。

この時点で僕の控え室にはCXが3枚、しかもクロックに1枚
すべてをあきらめた僕に、3-2-2を作った相手からのトドメの一言

「店長ダイレクトアタック。3から…5で」





魂の抜ける、音がした






会場内で流れているブシロードのテーマが鎮魂歌に聴こえ始めた頃
死んだ魚の目をした僕は相手に打点の確認をし、山札をめくる
1枚目…2枚目…キャンセル





魂の入る、音がした




続く2点もキャンセルし、3パン目の2点だけが入る
ターンを貰って、自身のストックの枚数が4枚であることを確認
相手のダメージは3-5
ダイレクト面に後列にいた生田目を移動させ2-2-2を作る
生田目のアタックはキャンセルされるも次の2点が入り、試合終了




試合が終わった瞬間桜井さんと抱き合って喜びを分かち合いました^^
ヴァイスを始めて初めてのレシピ掲載だったのでとてもうれしかったですw







戦績 5戦5勝0敗
ペルソナタイカプ優勝



スポンサーサイト

| タオレイ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WGP大阪大会2014 ペルソナタイカプレポ(前半)



みなさんこんばんわ(^^)/
最近私生活がバタバタしていたタオレイです
この記事を掲載しようとして、気が付けば年が変わってました
時間が憎いですね!

「この時期にヴァイス関連で何か記事を書くなら
この前発表された新規制についてなんか語れよバカヤロー」と言うのが
皆さんの思うところだと思うのですが、このネタを書かないと個人的にすっきりしないというか
次のネタが書き辛いといいますか…

まぁ、ぶっちゃけ僕の性格のせいでダラダラしてたら時が過ぎていきました()
すみません許してください何でもしますから…(懇願)






少し話が逸れたので軌道修正したいと思います
実は大会直前に引っ越しなんかしちゃってた僕は関係各所に書類を出しまくってて
「なんかもうWSめんどくせえ」とか思い、調整も一切せずにあっちゃこっちゃ駆けずり回っていました

実際、当時のネオスの環境はニセコイ環境だったのでトリオもネオスも出る気はなく
正直WGPに行くのも躊躇していましたが、「あの」ペルソナのタイトルカップが開催されるので「じゃあまぁ行きますか・・・」と言った感じで会場に足を運びました。
(前回のタイカプ※P4U なんて3回も出たくらい、気合入ってたのに、この体たらくである)

僕はペルソナのデッキに関しては6個所持しているのですが、前述のとおりいろいろバタバタしてたせいで何一つ調整らしい調整もしておらず、大会前日に僕のヴァイスの師匠である桜井さん(プロ)にPQのカードが入った調整され尽くしている、プロ仕様のペルソナのデッキを借りて大会に挑もうとしていました。
一応当日桜井さんがデッキを忘れたときのための保険で自分の処刑GSも持って行きました。

そして会場にて桜井さんのペルソナ《プロ仕様》の構築やら回し方やらのレクチャーを受け

僕がプロ仕様のペルソナ
桜井さんが僕の処刑GS

を使って2戦ほどフリーをしました







正直処刑GSの方がガン回ってました()
この結果を受け僕は
「・・・やっぱり自分のデッキを使おう」
と言う決心に至り、桜井さんにゴメンナサイしてタオソナを握ってタイカプに出場しました



(後半に続く)

| タオレイ | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。